読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

English Gardens

ロンドン備忘録

雨の日

5/31

 

今日は朝から雨だった。

バラが咲きだしてからずっと遠出するタイミングを見ているけれど、なかなかいい日がこない。

 

買い物に出かける。

昨日買ったシャンプーとコンディショナーが、シャンプーとシャンプーだった。

シャンプーの種類に気を取られ過ぎた。

(W保湿とか、スムースケアとか、ダメージケアとか。)

凡ミス。

f:id:cll_rose:20161114002319j:image

雨の日は雫がきれいだし、

雨上がりは露がかわいいし、

曇りの日は光量がちょうど良いし、

晴れの日は言わずもがな。

 

1つ多くなったシャンプーは、長期滞在のRちゃんにもらってもらうことにしよう。

 

買い物から帰っても、Yちゃんは宿にいた。

雨の日はどこにも出かけない。贅沢な観光の仕方。

お茶でもいれようか。

 

そこに、昼前なのに、Rちゃんが学校から戻ってくる。

体調があまりよくないらしい。

 

なんていいタイミング。

体調が悪い?大丈夫?

ちょうどお茶にするところだったの。(拒否権はない)

こんな時間に下宿人が揃うのは珍しい。

 

 

コヴェントガーデンで手に入れたロイヤルアルバートのバラ模様ティーカップと、キューガーデンで買ってきたいちご柄のミニマグ。

昨日買った女王様缶のショートブレッド

紅茶は宿のPG Tipsを拝借。

f:id:cll_rose:20161114004724j:image

非常に自己満足。

いくら眺めていても飽きない、このカップ。

こういう(相手の都合を多少押しのけてでもするお茶)の時間が、たまらなく楽しい。

普段は、あまり同じテーブルにはつかない。

他人との共同生活にはそれくらいの距離があっていい。

だけど今日は少し付き合ってもらう。

 

 

昼からは、Rちゃんがベッドにいて、

Yちゃんはどこかに出かけて、

私は本を読んで、静かな時間が過ぎた。

 

f:id:cll_rose:20161115010812j:image

いい光だった。

(後で、「日常」は美しいね、という話になる。)

 

 

 

夜、新しい人が来る。Rさん。

大きなトランクを2つ。

これからイギリスに住む人だ。

どこから来たのか聞くと、福岡だという。

仕事を聞くと、広い意味で同じ業界。

もしやと思い聞いてみたら、私の親友の元同僚だった。

世界狭くなったなあ。

 

「ヒースローで、ローラを見た。多分同じ飛行機だった。」

なんだそれ。

Yちゃんがすかさずインスタを辿る。

「ローラ、イギリスに来てるよ!」

 

また少し賑やかになりそう。