English Gardens

ロンドン備忘録

ハンプトン・コート・パレス

6/9

 

「庭が好きなら」と、いろんな人に薦められた場所。

だけど、すごくテンションが上がりそうかといえばそうでもない。

ストライクゾーンが狭い。

昨日で燃え尽きたのか。

ただ、見ておく必要はありそう、天気もいいし。

 

もう遠出する予定もなかったので、少し遠回りしてナショナルレイルのチケット(8日分のうち、まだ3日分残っていた。)を使って行く。

駅員さんは「地下鉄の方がいいのでは?」と言ってくれたが、一度途中で乗り換えるんだというと、納得して通してくれる。

 

だけど、それがよくわからない事態になった。

降りるはずの駅を通り過ぎていることに気づく。

いつの間に?

次の駅で降りて、他の列車を待つ。

路線図も、部分的に環状になっていて不確か。

しかも、いろんなトラブルで電車が運休になっているみたい。

結局そこで40分くらい足止めをくらう。

 

もう、集中力が切れているな。

ハンプトンコートの最寄駅からは、歩いて5分ほど。

 

  • Hampton Court Palace

f:id:cll_rose:20161209104316j:image

もう建物を見る気力は無いなぁ。

庭だけ見れるチケットはありませんか?

と聞いてみたけど、無かった。

そう、入場料が少し高い。

仕方なく(失礼な)建物も楽しむことにする。

f:id:cll_rose:20161209104720j:image

当時の宮殿のキッチンが再現されている。

結構本格的。そして地味。

f:id:cll_rose:20161209104805j:image

年代としてはいつぐらい?チューダー朝のキッチンって言っていたかな。

 

韓国人の家族が見学していた。

あー、韓国ってこういう歴史再現施設が多い気がする。(私が学生時代にいろんな交流事業で行っていたからか。)好きそう。(偏見)

壺の蓋を開けてみるおばあちゃん。

それ絶対キムチだと思ったよね?絶対キムチじゃないよね?

 

f:id:cll_rose:20161209105158j:image

所謂イギリス、っていう感じはやっぱりあんまりしない。

 

昔の衣装を着た役者さん達がぞろぞろ現れて、「見て行くでしょ?」と小部屋に通される。

そこで短い演劇を座って見る。

今日のリスニング率は2割。(だんだん下がって行くのは何故)

演劇って言葉が分からないと分からないんだな。

シェイクスピアの引用が多かったのでそんな時代かも。それなら言葉も違うはず、ということにする。

最後は出演者が全員歌って終わり。これは素敵。

 

ギャラリーでは当時のランドスケープデザインの特集をしている。

本当に何も頭に入って来ない。もったいない。

f:id:cll_rose:20161209105711j:image

裏側の庭。

もう、この広さ。

f:id:cll_rose:20161209110918j:image

ボーダーの長さ。

18世紀にイギリス式の庭園が確立される以前の庭。

f:id:cll_rose:20161209111002j:image

あれは、ポルテかな。

f:id:cll_rose:20161209111207j:image

不思議の国の入り口。

この辺りは20世紀ゾーンらしい。

f:id:cll_rose:20161209111308j:image

beechの生垣の間を歩く

f:id:cll_rose:20161209111503j:image

変わった木がたくさんある。

f:id:cll_rose:20161209111530j:image

チリマツ。

昔のお金持ちに人気。

f:id:cll_rose:20161209111602j:image

真ん中の木を囲むように下に広がるこれは何?

f:id:cll_rose:20161209111638j:image

ハナミズキみたいな。

f:id:cll_rose:20161209111700j:image

とても白っぽい木。

f:id:cll_rose:20161209111907j:image

オリーブ?

f:id:cll_rose:20161209111925j:image

とても黄緑。

 広すぎて、この辺りには誰もいない。

 

横側の庭園ゾーンへ。

f:id:cll_rose:20161209164530j:image

あーフランスっぽいというかなんというか。イギリスっぽくない。

f:id:cll_rose:20161209175312j:image

ノットガーデン

f:id:cll_rose:20161209175333j:image

イタリアっぽい

庭園様式の教科書みたいだなぁ。

赤川裕さんも「庭園技法見本市の観を呈している」と書いていた。(『イギリス庭園散策』)

著者と息が合ってきた。

 f:id:cll_rose:20161209180030j:image

「ケイパビリティ」・ブラウンが植えた樹齢200年以上のブドウの木。

実もふさふさなっている。

f:id:cll_rose:20161209180225j:image

f:id:cll_rose:20161209180239j:image

f:id:cll_rose:20161209180252j:image

美しい。

f:id:cll_rose:20161209180316j:image

気分だけ貴族。

f:id:cll_rose:20161209180338j:image

f:id:cll_rose:20161209180350j:image

 

この宮殿で有名なのはMaze

生垣の迷路。

f:id:cll_rose:20161209180412j:image

すごく惰性で楽しむ。

こんなこと一人でやっても全然盛り上がらない。

誰かと一緒に来ればよかった。

ルーブルヴェルサイユ宮殿で一緒に遊び倒した友達の顔が浮かぶ。

 

日差しが強い。

テラスの日陰で昼ごはんを食べる。

BLTサンドすら美味しくないのか。

どうなってるんだろう。

 

そう思いながら、昨日福岡の知り合いから届いていた手紙を開封する。

その人と共通の知人で、ご近所におしゃれな紙モノや文房具のお店を開いていた素敵なご夫婦。

今年の1月に、ドイツに引っ越してしまって、ベルリンでの開業を目指していた。

そのお店が、もうすぐオープンするらしいというお知らせ。

「ドイツ行ってみたら?」

 

あ、ドイツ行こう。

 

帰国前にとれる日程は一泊二日しかない。

お店のアドレスに「この日程で、行ってもいいですか」と送る。

 

40日もいるんだから他の国にも行ってみれば?

と、いろんな人に言われても、ロンドンから出る気は全然起きなかったのになぁ。

人生はタイミングだなぁ。

 

f:id:cll_rose:20161209182156j:image

バラ園。

f:id:cll_rose:20161209182243j:image

f:id:cll_rose:20161209182258j:image

昨日まで全てに足を取られていたのに、

今日はもう何も私を引き止めない。

f:id:cll_rose:20161209182329j:image

 

f:id:cll_rose:20161209182456j:image

帰りの電車は一本。

(ということは、行きも直通があった?)

 

今日からドイツ語の勉強でもする?

ドイツについての情報を何も持っていない。