読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

English Gardens

ロンドン備忘録

帰国

6/20

 

夕方の飛行機だったから、

やろうと思えば何かできたけど、

今からバタバタしたくなかった。

時間が余ってしょうがない。

だったら何かすれば良いのに、と思わないでもない。

 

陶器類を厳重にパッキング。

これはリュックに。

 

 

Mちゃんに見送られて出発。

f:id:cll_rose:20161223090838j:image

日本の最寄駅を撮らないように、

今まで撮ってなかった最寄駅。

ホームの景色になった。

ちょっと切なくなって、MちゃんにFacebookで友達申請する。

 

教会の郵便局に寄って、ペンを買う。

 

空港には搭乗の4時間前に到着。

オイスターカードの払い戻しをする。

f:id:cll_rose:20161223091134j:image

写ルンですが余っていたので、最後の空。

ロンドンの曇り空。

 

f:id:cll_rose:20161223091045j:image

ペンが必要だったのはこれのせい。

最強の暇つぶし本。

ありとあらゆる知識を試される。

(「太陽系の惑星」から「ツール・ド・フランスの各年優勝者」、「ジェーン・オースティンの著書」まで。知るか。)

 

 

地球の自転の方向に関係なく、帰りの飛行機はあっという間。

 

また韓国語を経由して日本に戻ってくる。

 

福岡のむっとする湿気に迎えられるのは、日付変わって21日の夜のこと。

日本時間の22日には、イギリスはEU離脱へと動き出す。

 

 

 

12月の私より。

 

文字にする気になるのにも、実際書ききるのにも、こんなにかかってしまった。

40日のことを書こうと思ったのは、プリントしきれない写真が多すぎてもったいなかったのと、今回のことを安心して忘れるため。The備忘録。

写真を見ていると、どこをどんな風に歩いたか、ストリートビューみたいに思い出せる。

記事の丁寧さは、当時の気分に比例した。

出国の時のセンチメンタルさとか、今読むとちょっと笑える。

でもリアル。

 

何一つ忘れたくないけど、

忘れていかなければ次に進めない。

 

 

読んで下さった方々、本当にありがとうございました。

誰かに読んでもらうために書き始めた訳ではないけれど、☆をつけてもらうのはとても励みになりました。

 

良いお年を。